ビジネス金融の変化

ビジネス金融も現代では、大きな変化を遂げています。
倒産することはないといわれた保険会社の倒産、銀行の吸収合併、
今までに起こるはずのなかった自体がこの日本で起こっています。


ビジネス金融の世界では、すでに銀行神話はなく、大蔵省主導という
ものを引きずりながら経営をしてきた本来の銀行のやり方が
この現代の金融競争時代にまったくついていけてない、という事実を
浮き彫りにしてきました。


ビジネス金融でも、資金を銀行で借入するのが当たり前、そして、
年率や銀行のサービスなどもほぼ横一線なのが当然。こうした
ことで、確実に利益をあげてきた銀行。借金があるところには
かさない、マニュアルで決められたとおりにしていれば、おのずと
利益となっていたのですね。


ビジネスの世界はバブルや金融業界の変革によって、大きく変わりました。
国や政府がバックアップをしてくれた銀行神話が崩れるときがきたのです。
そう、銀行は、自分達の銀行の特色を求められ、民間業者としての
サービスを求められるようになり、他の金融業者との戦いを強いられることに
なったのです。


大手銀行が大変な経営難になり、吸収合併での生き残りをし、
さらに、銀行が手を出さなかった、商品、お金を預かるだけでなく、
金融商品を打ち出し、どんどん借りてもらう、貸し渋りをしない、
そんなサービスをグループ内で行わなくては、業績は一向に
あがらなくなったのです。


ビジネスの金融という世界は、大変革とともに、
消費者金融業界や信販系金融会社、さらに新たにビジネス金融の
世界に参入してきたIT企業などとの、ビジネス金融競争を
行わなくてはならないのです。